エンヤァエンヤァ

スーパーアイドル増田貴久さんを崇め奉る会

NEWS担2年生が美恋ドキュメンタリーを観たって話

 

 

どうも、コンサート中はJK1になります、らいむぎです。(成人女性)

 

 

今回は、QUARTETTO出のNEWS担である私が

 

NEWS LIVE TOUR 2012

しいにするよ~

 

のDVD初回盤DISC2、

 

再始動への軌跡

-Documentary of NEWS

f:id:raimugimax:20170730190810j:plain

 

を観て思ったこと。

ちょっと前置き長くなりますけど。しかもちょっと今回マジメだからいつもの5割増クソつまんないかもしれませんメンゴ~~~!

え!?いつもだってマジメにブログ書いてますけどね!

 

 

 

まず、言っていい?

高いよ(怒)

NEWS作品の中で1,2を争うくらいに高騰してるのでは?

(率的に一番ヤバイなって思うのは抽選で1万人に当たったらしいMV集)

たぶんここ数年の新しいファンはギリィ・・・している人も多いんじゃないでしょうか。私もしてた。やっっっとなんとかした。

 

でも観て思った、これは高騰する

プレミア付けて売りつけるのが良い悪いは置いておいて・・・ゴイスだった。個人的に、これは・・・って思った。チャンカパーナのメイキング見ただけじゃ分からなかったことが沢山あった。

 

美しい恋にするよの本編自体は通常盤で履修済だったけど、どうしても再始動のことが知りたくて。

 

 

前述したとおり、私は2016年のツアーQUARTETTOの現場にてNEWSに転がり落ちた新しめのファンです。それまでは全く違う畑にいたりジャニーズでも違うグループを追っていたり。

現場で衝撃の恋に落ちたもんだから、そこからずっとアタフタとせわしなく作品収集し続けてるところです。単に、好きな人たちの姿を沢山見たい、曲を沢山聴きたいって思いで、4人時代はもちろん、6人時代も、テゴマスも。

 

私は4人時代の円盤は「White→10th→美恋」って順番で買って観て、そのあとQUARTETTOが発売されたって感じ。

円盤買うにあたってとか、NEWSについてはいろいろ調べたから何が起こったかとかは大体把握してた。10thの最後の挨拶とか、美恋のフルスイング前の挨拶とか、初見の時は「ああこれが例の・・・」って確かに感動もした。

でもね、だんだん回数を見ていくうちにその部分を見てもすごく冷静になってしまう自分がいて。これは今のタイミングで好きになって勝手に過去掘り起こして言ってることだから完全に自分のせいなの、誰も悪く言うつもりは無いんですけどね。

 

そんなゴチャゴチャ言うならみんなよ~~!って話ですけどなんてったってオタクだし重い女だから!!!色々見たいのよ~~~!!!ゆるして!!!ライブパートは部屋真っ暗にしてペンラ振って楽しんで観てたから!!!(一人)

 

色々知識としてNEWSのこれまでを知っていたとしても、当時ファンじゃなかった私はどうしたって当事者じゃないんだから、当時の様子とか空気とか、そういうものは分からない。知識として知ってても体験してないから、”なんとなく想像で”しか感動できない。

 

再始動の話を去年あたりにMUSIC DAYで特集されてたり、24時間テレビがあったり、少しずつ知る機会はあったけどそれで何か変わったわけではなく。

ご本人たちも「当時のファンは大切にしなきゃね」ってよく言ってらっしゃるけど、まあ、そうですよね、新生NEWSが爆誕した時に待っててくれたかたがたがいなかったらNEWSだって、今の私だっていない。正直、それを言われるたびに新しいファンはヴッってなるかたもいると思うけど(私もなる)、そこは仕方ない。今この時代の彼らに貢ご~~~~っと!

 

とかわりと元気に思ってた。それまでは良かった。

 

 

6人時代の円盤も順に集めて、「LIVE DIAMOND」を観てひとつ変わったことがありまして。

 

Share

6人で作った曲で、ドキュメンタリーではシゲちゃんがウンウン唸ってタイトルを考える瞬間も。考えて考えて、長考の末のShareというタイトル。6人でのツアーも3回目、軌道に乗ってきた6人で一緒にシェアしてそれぞれの想いを乗せて作った曲。本編ではどこか誇らしげに歌われていたような気がする。

 

この曲が作詞作曲・NEWSってことを知ってはいたけど、実際に曲を制作した当時のこの映像を見てから美しい恋にするよのShareを見たらもう、ダメだった。これまで切なくはなるものの泣きはしなかったこの部分で泣いた。6人で大切にしてた曲を4人で歌うことで、なんとなく、本当の意味で6人時代に終止符を打つような、2人にさよならしてるような気がしちゃって、あぁもし当時にファンだったらそんな気持ちもあったのかな、って思いました。

 

 

こんな風に、過去を知ることで少しでも理解できる部分が増えるのかって思ったら、これはもう何としても再始動ドキュメンタリーを見なくてはと。

 

 

 

▼以下、少し美恋ドキュメンタリーの内容に触れてます▼

内容は見たくない!ってかたはここ→チュム!チュム!で飛ばせます。 念のため。

 

 

 

 

ドキュメンタリーディスクには、単にライブの裏側というわけではなく、チャンカパーナをリリースすることになったところから、営業、レコーディングなんかも含まれていて。

 

f:id:raimugimax:20170731200850j:plain

 

こうして4人で、2人が抜けるときのことを振り返るんですよ。言葉悪いけど拷問かと思った。このDVDには、キラキラアイドルの陰の部分が収録されてるんだ、って。

別になにか不祥事があって脱退したわけでもないし、この部分に触れずしてこの先には進めなかったんだろうけど、もしかしたら彼らはあんまりこういうのは話したくなかったんじゃないかなとか思ったらなんだか心苦しくて・・・お節介ですみませんねぇ!でも率直にそう感じたんですよ。

 

Kらじで全員で直接重大発表したのも

「待たせてしまったファンに直接伝えたい」

 

チャンカパーナ

「何が何でもファンのかたに喜んでもらえる曲にしよう」

 

コンサートで登場は4人同時にしようってなったのも

「4人一緒に出てこれで納得してもらえれば」

 

 

ってひたすらファンにごめんね、申し訳ない、って言う4人が弱弱しくて、イヤそんなそんな・・・ってひたすら思いながら見てた。

だって望んでこんな状況になったんじゃないしぃ…

かといって抜けた2人が悪ってわけじゃないと思いますけどね!!!大人の世界なんだから色々ある。我慢したり、現状に満足しようと努力することだけが善じゃないと思うんですよね。人生一度きりだからその人が本当にしたいようにすればいいんじゃないのかな?もちろん色んなものを天秤にかけた上での判断だろうし、もしかしたら本人の意思だけじゃないかもだし。

 

 

でも、4人の心は強くて。

そんな不安と希望が入り混じったアンバランスな心の状態でも、再始動や新曲が決まる前から「やるなら良いものを」ってスタンスは崩さず。

さすがプロだと思った。

もちろんご本人自身のための再始動だけど、ファンのために、喜んでもらえるように、待たせちゃったから、ってあんまりにも口々に言うもんだから、あぁ素敵な人たちを好きになったな、って思った。

アイドルにへりくだってほしいだなんてそんな1mmも思って無いですけど、なんていうか、ただのいちファンの立場から見ても、すごく優しい人たちだなぁと。

 

 

 

しかもね、

 

f:id:raimugimax:20170802204356j:plain

 

f:id:raimugimax:20170802205809j:plain

 

­

­

f:id:raimugimax:20170813175750j:plain

 

f:id:raimugimax:20170813175705j:plain

 

f:id:raimugimax:20170813191428j:plain

 

笑顔が絶えない。

もともと仲良いとはいえ、このころなんてまだ再始動が決まったくらいで不安定な関係でもおかしくないのに、仕事現場は和やかで。映ってるとこだけかもしれないけど

プロアイドルだな~~~~人柄が出るな~~~と…アイドルの楽しそうな姿っていいよね…(疲れたOLに効果はばつぐんだ!)

 

 

ライブのリハのシーンで。

 

 

f:id:raimugimax:20170813175906j:plain

 

Share。

この曲をやるにあたって、増田さんはこう言っていて。

”錦戸君と山下君のところはそこを歌うプレッシャーがすごくあって、全体的にそうだけど、曲を僕たちが守っていくって決めた時点で自分のものにしたいっていう気持ち。Shareはそのプレッシャーがより多い。”(※一部要約)

本編の挨拶の時にもこれに近いこと言ってましたね。増田さんは抜けた2人のことも大切に想って、さらに2人のファンのことも考えてくれてたんだろうなって思うと、ウ、好き(発作)

 

そのあとのシゲちゃんがね、

”Shareをやらないわけにはいかない。Shareをやらない=6人時代を守る、ってのもあると思うけど、ある意味セルフカバー。抜けちゃった2人が作った曲・詞を今のメンバーで歌い直すっていうのは、一つ進むために必要な作業”(※一部要約)

とおっしゃる。

 

私は6人のものを4人のものへ更新していくっていうのは、6人時代にひとつひとつ終止符を打っていく感覚なのかなって思ってたんだけど、増田さんもシゲちゃんも、きっとてごちゃんも慶ちゃんも、ご本人はもっと前向きだった。

2017年2月にはさくらガールI・ZA・NA・I・ZU・KIも4人で歌い直されていて。こうして6人時代の曲を、人数が変わったからって葬ってしまうんじゃなくて、愛してるからこそ再び命を吹き込むというか、今の自分たちのものにしていくってことなのかな。み~んな良い曲だしね!!

 

 

ここが少し解ったことが、一番嬉しかったかな。

 

 

 

           アッチャッチャ!

おい、急にどうした?発作か?と思ったかもしれないがこれはジャンプリンクの行き着く先なんだ、仕方のないアッチャッチャなんだ!

 

 

なんだか暗い感じで取り上げてしまった感ありますけど、他と同様に基本的にはメ~~~~~ッチャかわいいNEWSくんが見れることには変わりないッス!!買ってよかった!!脱色したよ~~!って金髪のますださんも美美美白白白なますださんもますださんの汗が染み込んだ肉体美が垣間見えるピッタリめのTシャツシゲ♡にちょっかいかけてンフフしてるますださんもてごちゃんにツッコミ入れてる(!)ますださんも慶ちゃんをどうしてもイジりたいますださんもレコーディング中の真剣なますださんもTAKAHISA,MASUDAも見れる。天国かよ!(天国だよ!)

 

f:id:raimugimax:20170813191912j:plain

 

イエ~~~イ!!!!(代理:小山慶一郎さん)

 

 

なんか、再始動の一連に関してはビクビクしつつも蓋を開けてみて良かったなと。

このディスクに入る前が一番苦しい時だったんだろうなとは思うけど、一連を少しでも知れて良かった!

今度はね、美恋本編の挨拶も10thの挨拶も、”なんとなく”じゃなくてもう一歩だけ踏み込んだ感覚で観れるようになりました。もちろん、直接当時に体験したかたには及ばないけどね。

 

 

f:id:raimugimax:20170813202943j:image

 

もともとハイパーイケメンのキラキラ大放出スーパーアイドルのお顔してるけど、より一層一生着いていきたい!!!!って気持ちが爆発しますね!我が軍は頼もしいなぁ~!

 

 

よ~~~~し生きるぞ~~~~!!!!彼らに貢ぐために!!!!

 

 

4人にも、2人にも、幸あれ!

 

f:id:raimugimax:20170813203002j:image

 

 

­